深爪の原因を知って自力で深爪矯正をしよう

爪が綺麗な人って清潔感があっていいですよね。私はずっと深爪に悩んでいたので、ついつい人の爪をみるのが癖になっていました。深爪で悩んでいる人は、きっと何度も爪を伸ばそうと頑張ったことがあるけど、その途中で挫折してしまったという人が多いのではないでしょうか?もともと爪が小さかったので、「自力では深爪矯正はできない」とずっと思っていたのですが、正しい方法を実行するだけで自力で深爪矯正をすることができました。この記事では、深爪になる原因や自宅でできる深爪矯正の方法をお話しします。

1.深爪とは

深爪とは、爪を切りすぎてしまったり、癖で爪を噛んだりして指先の皮膚を露出させてしまうことです。ネイルベッド(爪床)は毛細血管が多く通っているので、感染や外傷の危険性をはらんでいる重要なパーツ。深爪の状態だと菌が入りやすいなどのリスクがあるため、オススメはできません。爪が長すぎるのも不潔ですが、短すぎるのも指にとっては良くないのです。爪を噛んだりむしったりするクセがある人は要注意。深爪がひどくなると、陥入爪や巻き爪を引き起こすので、日常生活に支障をきたします。

2.深爪になる原因

前の章でも軽く触れましたが、深爪になる一番の原因は噛み癖。小さい子供が爪を噛むのはよく見られる光景ですが、その習慣が大人になっても続いてしまうと厄介です。噛み癖というのは、無意識なのでなかなか止めることが難しいもの。そもそもなぜ噛み癖がついてしまうのかというと、ストレスからくるものだったり、自分の思った通りにいかなかったことに対する苛立ちや欲求不満になったりするのを、爪を噛むことで落ち着かせているのです。噛み癖がある人はデリケートで傷つきやすい傾向にあると言われています。

3.爪のピンクの部分は大きくなるのか?

結論から言うと、YES。ピンクの部分を”ネイルベッド”と呼ぶのですが、この部分はいくらでも大きくすることができます。深爪をずっと続けているとこのネイルベッドがどんどん後退していき、爪全体が小さくなります。爪と指の間に薄い皮のようなものがありますが、これを”パイポニキウム”と言います。爪と指をくっつける役割を果たすので、ネイルベッドを大きくするためにとても重要な皮膚。また、バイ菌から爪を守ってくれます。爪の白い部分を残してくことで徐々にではありますが、爪と指がくっついていき、ネイルベッドが大きくなります。

4.自分でできる深爪矯正

・爪を切るときに気をつける

爪を切るときは、最低でも2mm程度は白い部分を残すようにしてください。白い部分を残さず切ってしまうと、大事なハイポニキウムまで剥がされてしまいます。深爪にしたときに痛みが伴うのも、これが原因。また、爪が薄くて弱い人は二枚爪の原因にもなるので、爪切りの使用は避け、爪やすりで削って短くしましょう。

・常にマニキュアを塗っておく

特に噛み癖や剥ぎ癖がある人は、ネイルをしていると我慢がきくようになります。マニキュアは苦いですし、すぐにボロボロになってしまうので、無意識に噛んでいる人はふと我に返ることができるでしょう。また、知らないうちに剥いでしまっていた場合は、すぐに塗りなおすこと。汚いまま放置していると、「まぁいっか」と噛み癖を続けてしまうので常に綺麗な状態にしておくことが成功のカギです。マニキュアを塗ることで、外部からの刺激も守ってくれるので、折れにくくなります。

・保湿ケアを忘れない

爪にとって乾燥は天敵です。爪を保湿するために色々な商品が販売されていますが、ネイルパックがおすすめ。指サックのように指先にはめるのですが、びっくりするくらい指先がしっとりとします。爪にとって嬉しい成分がたくさん入っているので、爪の伸びが早くなります。また、寝るときに手袋をすることで、更に効果がアップします。

・爪のマッサージをする

爪のマッサージをすることで、指先の血行が良くなり爪が伸びやすくなります。マッサージ方法は簡単で、親指の腹で爪全体を押したり、両サイドの皮膚も親指と人差し指で挟んで揉んであげましょう。マッサージの後の保湿も忘れずに。

・ストレスを溜め込まない

噛み癖を治すという視点から考えれば、ストレスを溜め込まないことが大事だと言えます。ストレスの発散方法が爪を噛むことになっているので、それ以外で自分がストレスを発散できる方法を見つけましょう。違うことで消化できるようになれば、自然と噛み癖も治ります。

5.まとめ

深爪だったらどうしてもネイルをする気が失せてしまいますよね。深爪が治ったら、ネイルというオシャレができるようになります。矯正には時間がかかりますが、徐々に伸びていく爪をみるのは本当に嬉しいものです。LUCUR.group株式会社はトータルビューティーサロンの会社で、事業の一環として大分県中津市にネイルサロン/ ElanVidalを経営しています。ネイルはもちろん、ネイルを学びたい人のためのネイルスクールも開講しており、ネイリストになるまで徹底的にサポートしていてます。お客さんとして、またネイリストの卵として、Elan Vidalはお客様に寄り添ったネイルサロンでありたいと考えています。興味がある方ぜひお気軽にお問い合わせください。